「歯医者 歴史」

 

歯医者は、今ではとても皆さんに必要なものだと思います。歯というのは他の人にも見られるのでとても大切なものです。ですが、その歯医者というのはどのようにして今のように皆さんに必要なものになったのでしょうか?

今回は歯医者の歴史について紹介します。

まず、明治維新前に、口歯科や口中科を専業とする医師がいて、口や喉、歯の治療を行っていました。世界的には紀元前2500年頃のものと推定される義歯がギーザというエジプトの都市でされていると言われています。

そこから、明治維新後の1874年8月には医制が公布され、静養を模範とした医療制度が整えられ始めました。「医制」により、医師になるには、医術開業試験を合格することが必要となりました。それから、1875年には小幡英之助は第一回の医術開業試験に「歯科」を専門に試験を申請し合格しました。これは、「歯科を専攻する医師として登録された」ということになるのですが、小幡英之助が西洋歯科を専攻した先達であり、「歯科」という言葉を初めて用いたこともあり、日本で最初の歯科医師とされています。1883年には、医籍とは別に歯科医籍が作られ、医師と歯科医師とは独立した別個の存在となりました。

1906年には法律48号により歯科医師法が制定され、戦後には国民医療法は、医師法や歯科医師法、医療法にわかれ、今現在に至るそうです。

日本で初めて歯医者が誕生したのは1875年になってますが、それよりも昔から歯医者というのはあったのです。

 

このように、歯医者には、古くからの歴史があり、多くのことがあって今に至ることがわかります。

コメントを残す