「歯医者 資格」

歯医者というのは今現在私たちにはとても必要なものになっています。歯というのは、他の人にも見られる場所でもありますので、きれいにしとかねばなりません。その歯を治す歯医者というのにはいろいろな資格があります。

今回は歯医者に付与される資格について紹介したいと思います。

まず、歯医者に付与される資格には二つのパターンがあります。一つ目は、無試験・講習という、歯科医師資格があることによって付与される資格です。これは、名前の通り、歯科医師資格があれば、試験免除で付与される資格のことを言います。その資格の例としては、食品衛生管理者や衛生検査技師、衛生管理者などの資格があります。

食品衛生管理者の資格というのは食品衛生法の第48条により、食品衛生法施行令第13条の食品を製造したり、加工したりする業種に配置することを義務づけられた、厚生労働省が管轄下の国家資格のことを言います。

衛生検査技師は、病院などの医療機関などにおいて種々の検査を行う技術者のことを言います。

衛生管理者は、労働安全衛生法において定められている国家資格のことを言います。

これらの資格が試験免除で付与されます。

 

二つ目は、有試験という、受験資格が付与される又は試験が一部免除される資格があるものです。例えば、臨床検査技師や、歯科技工士、労働衛生コンサルタントなどがあります。

臨床検査技師とは、病院などの医療機関で種々の臨床検査を行う技術者のことを言います。

歯科技工士とは、歯科医師が作成した指示書をもとに義歯や差し歯や銀歯などの制作、加工を行う医療技師専門職のことを言います。

労働衛生コンサルタントとは、労働安全衛生法第83条に基づく労働衛生コンサルタント試験に合格したもののことを言います。

 

このように、資格が二つのパターンにわかれていて、様々な資格があります。

コメントを残す