100年後の歯医者を考えてみる

歯科医は高収入のイメージが強いですが現在、歯科医過剰問題という課題が歯科業界の中で話題となっています。そう考えると100年後はコンビニ化しているかもしれません。患者数に対して歯科医の数が多すぎるという問題です。こんなことはご存知でしょうか。実は東京では1日1店舗のペースで現在歯科医院が閉業しているそうです。では100年後のことを考えると不安でしかありません。100年後のイメージをもつってむずかしいですよね。歯学に限らず医学は日々進歩しています。まず、現状で歯科医の数が現在のコンビニエンスストアよりもおおいいことがわかっています。ましてや医療機器の発達によりコンピュータを使った手術なども増えていることから医師じたいが大量に必要ない時代がきています。このことから、近い未来歯科医院もIT化が進み人手が少なくなっていくと思われます。収入面に関しても現在、降下減少にあるそうです。ですが医師が減り歯科医院の数も減った未来、数少ない歯科医師が歯科業界を牛耳るといったことが予想できるといえます。100年後歯の劣化が起きない歯や 歯茎をつよくするための方法なんかもできてる可能性にきたいしたいものですよね、歯の健康はからだの健康に直接関わるので、そのあたりの革新性については今後期待したいものです。