「歯医者とは」

昔から子供たちというのは歯を治すのが苦手ですよね。それが原因で虫歯になったままの人などは多いと思います。それは子供だけでなく、大人になっても直しにいかない人というのは、とても多いと思います。その、歯医者なのですが、どのように歯医者ができたのでしょうか?

今回はその「歯医者」について具体的に紹介していきます。

歯医者というのは、歯学に基づいて傷病の予防や診断および治療、そして公衆衛生の普及を責務とする医療従事者のことを言います。歯医者は歯科医師とも言われています。日本において、その職務などに関しては歯科医師法という日本の法律の一つで、歯科医師全般の職務や資格などに関して規定した法律により規定されています。業務独占資格であり、名誉独占資格の医師資格になっています。

歯医者の歴史として、明治維新以前は、口歯科、口中科を専業にする医師がいました。その専業する医師は、口や喉、歯の治療を行っていました。

明治維新後では「医制」という医療制度や衛生行政に関する各種規定を定めている日本の法令が公布され、「医制」により、医師になるには、医術開業試験を合格することが求められるようになりました。

歯医者の学位として、現在の日本では、厚生労働省が指定した大学の歯学に関する正規の課程を卒業して、歯科医師国家試験に合格しなければ、歯科医師になれません。

歯医者は全員、学士(歯学)の学位を有します。しかし、博士(歯学)を有しているものがいるからと言って、必ずしも歯医者(歯科医師)とは限りません。

歯学の大学院の博士課程やまたは、歯学部の研究室で複数の論文を発表して、歯学部の大学院に博士号を申請して、大学院の教授たちの審査で博士号を与えるにふさわしいとされれば、歯医者でなくても博士号を与えられます。

このように、歯医者になるのは、昔よりも難しくなっていて、複雑になっています。歯医者さんは、歯科医師国家試験に合格するまでに、とても苦労しているということがわかります。

コメントを残す